« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

寝室

わたし達は、寝るのを一緒の部屋にしている。

それには理由があって、原因はわたし。
実はひとり暮らししている時から「ひとりぼっちの恐怖」を感じていて、
誰かいないと安心して眠れないからだ。
寝ている最中でも「恐い」と感じ、夜中何度も起きる。
確かに暗くして寝たのに、夜中起きると部屋の電気やパソコンが点いている。
ついには飼っていたハムスターを真横に置いて、
カラカラカラ・・・と言う音で何とか安心して寝る、といった感じだった。

同居当初は、寝る部屋は別々だった。
それは勿論のこと、お互いどこか抵抗があったからだと思う。
いつからだったか、ひとりではちゃんと眠れない事を訴え、
少しずつ、毎日では無いが同じ部屋で寝てもらった。
その度お布団を移動するの、大変だったよね、くまさん。

で、現在はくまさん嫌でも慣れて来たのか、完全に寝室を共にしている。

感謝しています(T_T)

う・・・、こうしてみるとわたしって面倒なやつ。
また謝りたくなってきたぁぁぁぁぁぁぁっ

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

喧嘩

また、喧嘩したのではありません(^_^;

先日おっきな喧嘩をしてから、気持ちにゆとりが出ました。
わたしは今まで喧嘩と言うのを避けがちでした。
細かいこと言い合ったり、何でお互いを傷つけなくてはいけないのか、それがわからなかったのです。
先日おっきな喧嘩をしてから、わたしがくまさんに対する「信用」してなかった部分が大分晴れました。
結婚はしたけれども、やはり信用して無かった面があったのです。
だから直ぐ言葉に噛み付いてたりしたのかな。
今は理解できない事言われても、前みたいに噛み付いたりはしていないと自分で感じています。

くまさん、頭が悪いわたしに根気良くそれを教えてくれて有難う。

そして、今までそれすらわからなくてたくさん傷つけてしまった元カノさん、言いたい事がたくさんあっただろうに、本当にごめんね。

って、・・・くまさんにじゃないけど、また謝ってるし(-_-;

By:あく。

| | コメント (4)

2006年6月27日 (火)

プラネタリウム

仕事帰りにくまさんと現地で待ち合わせ、
池袋サンシャイン60のプラネタリウム「スターライト満天」へ行った。

プラネタリウム360度フルスクリーンでCGを使い、
デジタル映像で宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が上映されいる。
行ってみたいとダダをこねたのはわたし(^_^;

http://konicaminolta.jp/about/manten/program/planetarium/summer/index.html

調度いい角度のリクライニングシートは
くまさんには時々心地良いベッドになってたみたいだけど、
40分間の銀河の世界はとても美しいものでした。

By:あく。

| | コメント (3)

2006年6月26日 (月)

先日くまさんと一緒に、わたしの実家へ車で行った。
実家の犬が大きい腫瘍をかかえているそうで、そのお見舞い。

父とは母はくまさんが来てくれたのがたいそう嬉しかったようで、随分とお酒を出してくれた。
実家の父は、人の腹の具合など考えないタチの悪いタイプと言えよう(-"-;
くまさんに酒を勧める、勧める。
くまさんも断れないから飲む飲む・・・。
途中で父にいつも怒るのだが、なんだかいろんな酒が出てきて、ついにくまさん、
「地球が回る~~~」
と、ダウン☆

本当、ごめんね、くまさん。
わたしは謝ってばっかりだよ。

自宅駐車場に着き、酔っ払ったくまさんを抱えながら部屋へ戻り、お布団へゴロン。
随分苦しそうだったから、冷たいタオルで顔と手足を拭いてあげた。

次の日の夕飯時に「ビール飲む?」と聞くと、
「見たくも無いっ!!!」と言う返事に大笑いしてしまった。
ごめん、ごめん(^○^)

By:あく。

| | コメント (7)

2006年6月23日 (金)

女の子の日

3月3日のお雛様ではありません(^^;
生理です。
一緒に住み始めてからくまさんも生理には緊張していたようで、
女性の身体のシステムに興味が無かったから、全く未知の世界のよう。
故にわたしも多少緊張しました。

もう結婚してから数回生理期間を過ごしたから、
生理に関して疑問に感じていた事、少し解決したみたい。
ホルモンの関係でわたしの気分の浮き沈みがある時期も、
先日「あるある大辞典」とか一緒に見て勉強したし。

自分でも思うけど、女って結構面倒なのよ、
ごめんね、くまさん☆

By:あく。

| | コメント (4)

2006年6月21日 (水)

④強羅温泉

わたし達は、結婚後、同居を理想としていた。

同居を始めたら、たとえ違う部屋で寝ると言っても同じ屋根の下で寝る。
新居は部屋数が多いのか、襖一枚隔てて隣どうしの部屋で寝起きを共にするのか、想像がつかない。

そこでわたし達は「寝る」事が出来るのか、お互いに慣れてきたところで一泊で旅行を試みた。

じゃらんやその他旅行雑誌を買ってきて、お試しと言うことで、そんなに料金も高くない宿を選んだ。
場所は強羅温泉。
旅館につくまでのルートを細かく調べたんだけど、意外と観光客が多い。
電車もぎゅーぎゅーで、予定を変更して旅館へ向かった。

お部屋へ案内される。
そこまでは多分大丈夫だったと思う。
でも部屋へ入った途端、どうしていいのかわからない。
やけにシーンとした部屋で、お茶とお茶菓子でリラックス。
寝っ転がってリラックス。
いやいや、緊張してました(-_-; 緊張しないわけが無い。

お食事の間で夕食が済んで部屋に戻ってくると、布団が敷いてある。
くっついていたのか、後で離したのか覚えていないけれど、緊張をほぐす為に飲んだビールもあまり酔えないままに眠りについた。

⑤へ続く

| | コメント (0)

ミニパト

昨日、ミニパトに自転車が軽く追突したのを見た。

ミニパトが交差点を左折しようとし、歩行者がいたからか一旦停止、
その後ろから自転車が軽く追突したのだが、ミニパトのおねえちゃんの第一声、
良く聞き取れなかったけど、「こら!」とか「あぶないだろ!」とか。

自転車はスーッと逃げちゃったけど、
そう言うときは、先ず「大丈夫?」と自転車の人に言って欲しかった気がする。

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

タルト

会社帰りの駅ビルで、閉店ギリでタルトを get したらしい。
今、電車の中でるんるんなんだろうなぁ、くまさん(^_^)

コーヒー入れる準備して待ってるよ。
気をつけてお帰り。

By:あく。

| | コメント (0)

Qui

Qui「き」のオムデミを食べた。
1,100円。
ドミグラスソースと言えばしつこいイメージがあったけど、ここのは食べ終えた後も口に残らない。
サラダと食後のコーヒーか紅茶もついてるよん。
とっても美味しい~~♪
でも少し量が多めなので、お腹いっぱい食べたい時におすすめ。

東京都新宿区新宿3-2-2紺屋ビルB1F
03-3341-1814
営業時間 11:00~24:00
地下鉄丸の内線・新宿3丁目駅より徒歩1分
新宿通りを四谷方向へ向かい、左側の地下1階

オムライスを作らない曜日もあるみたい。
それとメニューも時間帯によって違うみたいなので、電話やネットで確認の上お出かけくださいませ。

あ、お店のママも優しい感じ。
ちなみにシャンソンのライブハウスみたいです。

By:あく。

| | コメント (0)

会話

昨晩、いつもよりたくさん会話をした、とくまさんが言った。

最近そんなに話してなかったかな。

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月18日 (日)

ほうき

畳の部屋の掃除がどうしても掃除機じゃ満足がいかない。
と、言うことで、昨日くまさんに内緒でほうきを購入。
柄の長いほうきは一万円くらいするから、柄の部分が手のひらで持てるくらいのサイズのにした。

ちっこくってもそれなりに値段がするんだよね、3,150円。
それでもワンランク落として1,000円安いのにしたんだもーん。

ふふ。

わたし達の収支の方法は、毎月お金を出し合って、その中から殆ど全てのものを購入している。
共有しない時間の物くらいは個人個人の財布から出しているかな。

これがまた髪の毛や畳の目の隙間のホコリが良く取れるっ
さすが職人が作ったほうきだっっ
販売しているおねえちゃんも、「良いものだし、長くつかえますよ。」って言ってたっ

良い買い物をしたニャーっ

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月15日 (木)

家族

ひとりで暮らしていた頃は、凄く悲しい時、悲しみに暮れるしかなかった。
おばあちゃんが死んでしまった時も、ひとりで泣くしかなかった。
この先もずっとこういう事の繰り返しなんだな、と思っていた。

けど今は違う。
悲しいとき、楽しいとき、凄く辛いとき、
すぐ近くで聞いてくれるパートナーがいてわたしは幸せ。

くまさんと一緒に住み始めて約3ヶ月がたった今、感謝の気持ちでいっぱいです。
今までくまさんが言った言葉も、繰り返しその場面を思い起こしてみれば、
あまりにも自分が神経質だったなと恥ずかしい思いをしてみたり。

時々自分が汚れて見えるときがあるけど、
ちゃんと一緒に歩いていけるよう、たくさん素直になりたい。
・・・大分、出遅れているけどね、あたし(^^;

By:あく。

| | コメント (2)

友達

今日はくまさん、スペシャル残業。

久々に残業が無かったあたいはるんるん♪

話し変わって、

昼間、クライアント先で新宿二丁目の話が出た。
ゲイの友達がいるとか何とか、
誘われたコトあるとか、
結構楽しそうに喋った挙句、
触られると鳥肌が立つと言った。

鳥肌が立つくらいなのに、「友達」とか言うのー??

By:あく。

| | コメント (2)

2006年6月13日 (火)

喧嘩

喧嘩した。

ブログに書くくらいだからまた仲良くなれたけど、
もうこんな風にならないと、
その時たくさん泣いた 涙と鼻水(笑)を拭いたミニタオルをお守りに、
いつも見える場所に置いた。

「お守り置いたー」

 とくまさんに言って見せたら、

「洗ってないのを??!」

 ・・・・・・・・・。

手で洗ったっつーの(^_^;

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

まめちゃんにご冥福を。

6月3日土曜日、まめちゃんがお亡くなりになりました。

あくの必死の看病の甲斐なく息を引き取りました。

一時期は体調を戻したのでホッとした束の間のことでした。

まめちゃんはあくの心の支えになっていてくれていたらしく、

気持ち的に随分と助けられたようです。

あくがこの記事を書かない理由を聞いたんですが、

まめちゃんの死を思い出して、また悲しくなるから嫌なのだそうです。

僕が記事にする分には構わないと言ってくれたので、

心配してくださった皆さんにご報告いたします。

まめちゃんは、ゼラニウムというお花を植えた植木鉢の中に安置されています。

隣のすじちゃんが安置された豆の木と一緒にすくすくと育ってもらいたいものです。

くまでした。

| | コメント (5)

離れていても、

中学校の頃の友達に電話した。

彼女には随分前、自分が辛い時にアドバイスを貰った。
その励ましの言葉がいつも頭の片隅にあって、やっと乗り越えられた事がある。
お礼が言いたくて、電話で伝えた、

彼女が「頑張って行こうね。」と電話口で言う。

ばれないように元気良く言ったのに、辛かった時の気持ちが伝わってしまった。
泣かないようにしてたけど、電話を切った後「ばれちゃった。」とひとり笑う。

By:あく。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

食器洗い用スポンジ

食器洗い用スポンジがヨレヨレになった。

調度良い機会なので、家にある余った毛糸でスポンジに代わるものを編んだ。

何年か前、アクリルの毛糸で出来たスポンジ代わりのそれは、洗剤が無くてもきれいに食器を洗える、というフレーズで流行ったのを思い出したの。

編んだのを、今、使ってます♪
手触りはふわふわしていて良い感じ。
こうして使ってみると、意識の中にすり込まれた知識って多いんだな、と思う今日この頃。

By:あく。

| | コメント (1)

2006年6月 5日 (月)

それから私たちは、週末の土日のどっちかに会う事を続けた。

最初は居酒屋さんで、お酒などで緊張を和らげながら会話をしたりした。

②の続き。

彼とわたしが結婚するかしないか。
このままなんとなく会っていてはダラダラしてしまうように思えたので、期間を定める事に意見が一致した。

3ヶ月間。

短いようで長い。
最初の1ヶ月間は食事などしながらお互いを知ったり確かめたりする。
次の1ヶ月間は、出来るだけお出かけしてみる。近場でも、遠出でも。
最後の1ヶ月間は、お互いの部屋へ行ってみる。

勿論、計画通りに全てを進めたわけじゃなかった。
1ヶ月目は食事ばかりじゃなんだし、水族館へ行ったりもした。
2ヶ月目は、お互いが映画を観ることが好きだったから映画を観に行ったり、また都内の大きな公園へ行ったりもした。
公園へ行った帰り、突然彼の口から部屋へ招待されたときはびっくりした。まだ早いと思いつつも悪いイメージはなかったので、そのまま招かれる事にした。
その日は彼の部屋の近くにあるスーパーで、お惣菜とビールを買って食事を済ませた。
翌週は、わたしの部屋に来てもらった。
それからというもの、彼の部屋に行く事が多くなった。わたしの部屋はテレビも無いし、面白いものは何も無い。
それに、さすがに自分の部屋はメッチャ緊張するから(^_^;
今までお店でテーブルを隔てて会話をしていたから、こうする事で随分近くに彼を感じるようになった。

そして、2ヶ月目の終わり、来月1泊で旅行に行こうか、と言う案が出た。

④へ続く。

By:あく。

| | コメント (1)

好み

くまさんとわたしの、共通する好み。

例えば食べ物で言えば、ピクルス、オリーブ、芋焼酎の好みが一緒。
あっ きのこも。
ご飯に雑穀や玄米を入れても怒らない。お互い甘いものも大好物♪
食べ物の好みが一緒なのは嬉しい。
同じ物食べて、「お~いすぃぃ~~」って思えるのは最高だがや。

食べ物以外でも、おたくっぽいところも共通してたりして←内緒(笑)

反対に好みの合わないところ。

例えば家電。
わたしは電器類は必要最低限のものがあればそれ以上は必要ないと感じる方。
でもくまさんは違う。
見るところが違う、よく調べる。
こんな便利な機能が世の中にはあるんだな、と現代の技術を知る。
・・・今までテレビの無い生活だったから、知らな過ぎっちゅーのもあっるけど(
^_^;

知らず知らずのうちに洗脳されていくかも??! 笑

by:あく。

| | コメント (0)

右目上まぶたの痙攣

1ヶ月近く、右目の上まぶたの痙攣が続いている。

会社へ行くとそうなる。

間違いない、週末、家ではならないもん。

きっと好きでもない営業をやっているからだ。

クライアント先、打ち合わせ中でも痙攣している(爆)

最近はまぶたが重たい感じがし、小刻みな痙攣に加えてギュウッと縮む感じがし、鈍く痛い気もする。

病は気からと言えども、やばいっすよね↑、眼科へ行こう♪

by:あく。

| | コメント (2)

2006年6月 1日 (木)

東京国際フォーラム

槇原敬之さんのライブへ行った。

昨日は有給を取って、まめちゃんの看病。
お薬が効いてきたのか、夕方には少し多めの量のおしっこが出ていた。

一安心し、気になっていたマッキーのライブチケットをオークションで探す。
おお!っちゅーのがあって、行きたくて、くまさんに早速連絡。
OKサインが出、2枚落札っ♪

ライブで、歌い手さんと一緒になって歌ったり踊ったりするのが好き。
くまさんと、一緒に踊った。歌った(^^*

マッキーが、「アタリマエ」の5文字を消して「アリガトウ」と書いた、と歌った。

マッキーの歌声は、優しくて好きだな。
おやすみなさい、マッキー(笑

あく。

| | コメント (3)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »